So-net無料ブログ作成

“カツカツ”RCレーサー? [ラジコン]

現代のラジコンで最も重要なのはバッテリーだとか。
これ、下のグレーのヤツ。懐かしいでしょ?

25歳以下くらいの方は知らないかもしれませんね。
通称“ラクダバッテリー”。タミヤの7.2Vはコイツが最初です。これまでは“コブ”のない6Vが主流でした。
ファイティングバギーやワイルドウイリスはこのラクダバッテリー専用で現代のようなパックバッテリーは使えなかったんですよ。
ラクダが使えたのはホーネットやグラスホッパーくらいまでだったかな?
以後、ラクダの上に写ってるパックバッテリー(レーシングパック)が主流になりました。こっちの方が軽いからね。
昔は子供も大人も初心者もエキスパートもみんなパックバッテリーだったんですよ。しかも1200mAhの。
それからニッカドでは1300~2400。ニッケル水素も登場し3000~4300まで容量UP!
4300って・・・単純に昔のバッテリーの3倍以上の容量です。
しかし、大容量ニッケル水素は管理が難しいんですよ。
オレがラジコン復帰してドップリハマリ始めた頃、タミヤのRC-3600HVを2本買ったんです。
この頃タミヤのバッテリーが高いって知らなかったんですよ。1本¥7000-くらいしたと思う。
昔は1200mAhでも¥5000-くらいしてましたから・・・『3600だし、7000円くらいはするよな』なんて思ってました。
ある時地元のショップで見つけましたよ。アトラスのサンヨー3600HV(タミヤとまったく同じ性能)パックが¥3600-!後から知った話、タミヤパックって今ではタミヤグランプリに出る人が仕方なく買うバッテリーだと。_| ̄|○

その高価なタミヤ3600HV。先日、充電できなくなりました。しかも2本揃って・・・
多分、どれか一個のセルが死んでしまったのだろうと。
勿体無いのでパックを破り、セル同士の溶接を手で引きちぎりバラしました。もちろん“バラセル”バッテリー製作の為に。
“バラセル”ってオレにはなんとなく敷居がたかかったんですよ。カツカツエキスパートって感じで。
別にコンマ数秒を争う世界に身を投じてはいませんから。
でも、最近思うんですよ。バラセルの方が単セル放電できたりして細かくバッテリー管理が出来る。
これって速さだけでなくバッテリーの寿命にもイイのではと。
で、やってみました。

初めてにしては上手く半田づけできたと思います。ちゃんと充電もできてるし^^
へたっぴラジコンレーサーなオレだけど、見た目だけはだんだんとエキスパートになってきたよ。


ポーション! [買い物]

そういえばこんな物が届きました。(『届きました』って注文してたんだけど)

ゲームやってる人はご存知ポーションです。
3/7の発売日にコンビニで通常版を買って飲んだのですが・・・
マズくはないけど美味くもない・・・微妙な味ですね・・・
クラウドやティーダ達はこんな物持って旅してたんだね。重いのに・・・
しかもポーションって体にふりかける物だと思ってました。
飲み物だったとは・・・しかもサ○トリー・・・

ポーションの次は?
微炭酸が入ったハイポーション。
炭酸入りのメガポーション。
焼酎ブレンドのエクスポーション!

出るわけないか・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

MINI-T その6 [ラジコン]

今日は暖かいです。
嫁さんと子供は外出中。
昼飯買いに行くついでにMINI-T持って前回行った某公民館駐車場へ。

今回はFULLFORCEのアルミサスアームを組んでいます。
前回シャシーはド・ノーマルでラフなスロットル操作ができませんでしたが、今回はやったるぜ!

ダンパーのスプリングスペーサー抜いた事、タイヤの“皮”がかなり剥けた事、雨が上がって2日目で埃が流れている事で今日はかなりグリップがイイ!
スタートダッシュでは軽々ウイリー!マンホールの淵でジャンプ!楽しい!
グリップがイイのでよくコケるようになったけど、その為のアルミ脚。安心安心♪
ターンバックルエンドが数回外れ、リアウイングフラップもモゲたけど想定の範囲内。
最高速からマンホールの淵に引っ掛かって激しく転倒!5~6回転した後ナイス着地!
スロットルON!『ウイーーーーン!』モーター回ってるけど全然走らない・・・
アッパーアームの付け根が割れてました・・・

ココはリアダンパーステーなので予備も無いし、FULLFORCEのパーツにはリアダンパーステーが無い。
RCってなんで持っていないパーツの所が壊れるんだろ・・・
また注文せないかん・・・_| ̄|○


友人Nよ。買うのか?MR-4BX [ラジコン]

先日、ここで初めてコメント頂きました。
なんか嬉しいですね。こんなブログでも見てくれてる方がいるんだと。
大した事書けないですけど、みなさん今後とも宜しくです。

今朝、友人Nからメールがきました。
『MR-4BX高ぇ~よ!』と。
ヨコモから発表された世界戦マシンMR-4BX。
友人NはMR-4BXを狙っていたらしく、高性能を上回る“超”高価格に玉砕した模様。ズバリ定価¥70,000-!(実売価格は2~3割り引きはされるだろうが)
京商のハイエンドマシン レーザー ZX-5が¥42,000-。この2台に¥28,000-の性能差はあるのでしょうかね?
あっても、おそらくオレやその友人Nには性能差は分からないでしょう。
ま、“趣味”ですから。所有感ってのも大事なポイントではあります。
でも、所有感を求めるのなら、オレだったらプレデターX10とかJコンセプトのBJ4WEだな。
国産で¥70,000-は・・・ねぇ~。
昔、タミヤのイグレス¥44,800-にビビッてたのに・・・


イリュージョン B4 [ラジコン]

久々にMINI-T以外を弄りました。

初公開のMYアソシエイテッドRC10B4です。

これまで地味ぃ~なボディだったのですがJコンセプトの“イリュージョン”が手に入りました!
Kit付属のインターセプターボディよりサイドポンツーン(REEDY文字部分)に高さがあるので
アルミヒートシンクを付けたLRPスフィアが楽に積めます。(付属ボディでは当っていた)
せっかくのイリュージョンボディなので気合入れて色塗りしてみました。
と、言ってもデザインはJコンセプトのサイトに出てるマシンのパクリです。^^;
ボディって塗る作業よりも“どんなカラーリングにするか”が一番困ります。
カッコイイカラーリングでもオレの技術じゃ塗れなけりゃダメだし・・・センスの無さ痛感・・・
これまで2WDメインマシンだったダイナストームは部品調達が困難になってきた事から
現在はこのB4が2駆メインマシンです。
へったっぴなオレでも速く走らせられる2WD世界最強マシンです。

現仕様
ESC:LRP スフィア
モーター:REEDY NEO1 2STARブラシレス(ブラシモーター11T相当)
RAYSPEED リアハブ1°
RAYSPEEDアルミフロントバルクヘッド
フロントキャスターブロック30°
リアダンパースプリング シルバー
Jコンセプトイリュージョンボディ+フロントウイング


MINI-T その5 [ラジコン]

最近ココ繋がりにくいですね・・・
サーバーが込んでるのでしょうか?

さてさて、マンバ積みましたよ!

マンバへ交換するには受信機も変えないといけません。
受信機を変えるとノーマルのサーボもコネクターが変わってくるので使えません。
ようするにMINI-Tはメカのどれかを変えると他も総入れ替えしないといけないって事です。
金喰い虫め!
で、サーボはMINI-Tでは定番のHitecのHS-55。ノーマルより若干トルクもスピードもUPしました。
受信機はフタバのR113iP。FMのPCM受信機です。愛機3PKを使いたかったのと、ノーコン防止の為に奮発してPCMにしました。


バッテリー:イーグルGP1100
スパー:GPMチタン製60T
ピニオン:GPMチタン製12T
スリッパー:ガッチリ締め
タイヤ:トリニティースリックタイヤ

○マンバ感想
地元の某公民館駐車場。
舗装されていますが、砂・小石が浮いてるせいかクルクル回って真直ぐ走らない!
慎重なスロットル操作が必要です。
走ってるうちに新品のスリックタイヤの“皮”が剥けたのか、だんだんグリップしてきました。
マッタリスロットルを握って徐々に加速させトップスピードに・・・
速え~~!小さいから余計速く感じるのかもしれませんが現オレの4駆メインマシンロッシXXX-4(ノバックGTB5.5仕様)より速い!
計った訳じゃないけど50km前後は出てそう。
ピニオンを今回大事をとって12Tにしたんだけど、寒いせいかバッテリー1パックだとESCとモーターはほんのり温かい程度。
まだ余裕ありそうなので次回は15Tでやってみます。55Kmくらい行くかな?
しかし、気になったのが走行音。チタン製ピニオンとスパーが原因なんだけど、帰ってチェックすると、かなり歯が痩せてました。気休め程度にセラミックグリス塗ってたんですが・・・
で、粘度の高いタミヤのアンチウエアグリスを薄く塗ってみました。たくさん塗ると抵抗になって遅くなるので。
アンチウエアグリスを塗った後気づいたんですが玄関で昔バイクに乗ってた頃使ってたチェーンオイルスプレーを発見!金属ギアにはこっちの方が良かったかな?

しかし、7.2Vバッテリーでこのスピード。軽量の3セルLipoバッテリー(11.1V)だとどうなるんだろ?100Km出るなんてマンバのサイトにゃ書いてるが・・・
恐え~~~!


MINI-T その4 [ラジコン]

Beat Your Truck←オレがMINI-Tを買う(興味を持つ)キッカケになったサイトです。
下から3番目、赤いビートルのPROJECT "ROCKET SHIP" MINI-T。
Part 6の下の方にあるムービーは必見!
ホント、ロケットのような加速とスピード!まともに操縦もできてないし。
今のオレはこれを目指してる訳です。
パワーユニットはもちろんマンバブラシレスに決定。しかも8000kvの"COMPETITION X"。
3セルLipoバッテリーを載せると100Kmものスピード出るそうな。
しかしこれだけのスピードとパワーではノーマルのシャシー&足回りが持つはずも無く、
アルミORカーボンに変える必要があります。
検索すると色んなメーカーから出てるようですが、耐久性と仕上げの丁寧差だとBeat Your Truckで使われてるFULLFORCE RCが一番良いようです。
日本では扱ってるショップが無いのですが、幸いにも海外発送もやってくれるようだったので、
Yahoo!翻訳を駆使し何とか注文!
待つこと1週間。タワホとFULLFORCE RCから揃ってマンバとアルミパーツ一式が届いたぜ!


FULLFORCE RCのパーツは想像以上にキレイな仕上げにビックリです。
MINI-Tスーパーコンボってアルミパーツがセットになった物を購入。
バラで全てを注文すると$275になるのですがスーパーコンボだと同じものが$200!
$200っていっても他のメーカーだとセットで$100くらいからのもありますから・・・
高いと言えば高いのですがオークションで売ったPCパーツなんかが結構な値で売れましたので^^;


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。